本文へスキップ

稲門まさおか総合支援は、建設業許可・経営事項審査・入札参加資格審査申請に強い東京都江東区の行政書士事務所です。

 

TEL. 03-5875-3839

〒136-0072 東京都江東区大島3-14-5

深夜酒類提供飲食店営業の届出

「深夜酒類提供飲食店営業」とは?

「深夜酒類提供飲食店営業」とは、「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(略して「風営法」または「風適法」といいます)で定められている言葉です。

風適法によると、
「深夜(午前0時から日の出まで)において、設備を設けて客に酒類を提供して営む飲食店営業(営業の常態として、通常主食と認められる食事を提供して営む者を除く)」をいいます。

簡単にいいますと、居酒屋、バー、スナックなどが午前0時以降営業する場合には、管轄の警察署に届け出る必要があるのです。
これを「深夜酒類提供飲食店営業開始届出」といいます。
長いので、「深酒の届出」と略して言うこともあります。
  

届出の要件

この届出を行うには、主に以下の要件があります。
(主なものをピックアップしていますので、
 詳細は、お問い合わせください)

1)営業所の構造及び設備の基準
 ・客室の床面積が9・5平方メートル以上あること
 ・営業所内の照度が20ルクス以下とならないこと

2)営業所の場所的基準
 ・以下の用途地域に該当しないこと
 ・第1種低層住居専用地域     ・第2種低層住居専用地域
 ・第1種中高層住居専用地域    ・第2種中高層住居専用地域
 ・第1種住居地域         ・第2種住居地域
 ・準住居地域
3)「深夜遊興」に当たらないこと
4)「接待行為」に当たらないこと

届出に必要な書類

この届出にあたっては、平面図や求積図、照明設備図、音響・防音その他設備図、机やいす等の配置図などを作成して提出する必要があります。
作成しなければならない書面(図面)が比較的多く、かなり手間がかかります。

また、管轄の警察署によっては、必要書類が異なる場合もありますので、
地元の専門家に依頼したほうが安全です。
     

業務エリア

当事務所では、江東区・墨田区を中心に「深夜酒類提供飲食店営業開始届出」の業務を行っています。

※下記エリア以外でもご相談に応じますので、お気軽にお問い合わせ
 ください。
※警察署への書類の提出は、お客様ご本人が行う必要がございます。
 当事務所では、書類提出時には、行政書士が必ず立会いをし、
 サポートいたします。

■江東区
 城東警察署  亀戸、大島、北砂、東砂 
・南砂の一部
 【1丁目、2丁目(1番の一部及び5番から
  7番までを除く)、3丁目~7丁目】
・新砂の一部 【1丁目1番を除く】
深川警察署  佐賀、福住、永代、門前仲町、富岡、牡丹、越中島、塩浜、枝川、木場、東陽、平野、清澄、三好、白河、石島、千田、海辺、古石場、常盤、新大橋、森下、高橋、猿江、住吉、毛利、千石、扇橋、豊洲、深川、冬木、潮見
・南砂の一部
 【2丁目1番の一部及び5番から7番まで】
・新砂の一部 【1丁目1番】
東京湾岸
警察署


※江東区と港区・大田区・品川区の一部を管轄
江東区−青海、 有明、東雲、新木場、辰巳、      夢の島、若洲
大田区−城南島、 東海3〜6丁目、大井埠頭先
    埋立地、羽田空港埋立地
品川区−東品川5丁目、東八潮、八潮1〜3丁
    目、東品川先埋立地
港区 −港南5丁目 台場1〜2丁目

■墨田区
向島警察署 立花、墨田、東墨田、堤通、八広、文花、京島、東向島
・向島の一部
 【4丁目(14番から16番まで)、
  5丁目(48番から50番まで)】
・押上の一部
 【2丁目(27番から43番まで)、3丁目】
本所警察署 吾妻橋、石原、亀沢、菊川、錦糸、江東橋、太平、立川、千歳、業平、東駒形、本所、緑、横網、横川、両国
・向島の一部
 【1〜3丁目、
  4丁目(14番から16番までを除く)、
  5丁目(48番から50番までを除く)】
・押上の一部
 【1丁目、2丁目(27番から43番までを除く)】

お問い合わせ

電話または右上の「お問い合わせ」又は下記をクリックしてください。
※お問い合わせにはFormMailerを使用しております。
     

バナースペース

行政書士事務所・FP事務所 
稲門まさおか総合支援

〒136-0072
東京都江東区大島3-14-5

TEL 03-5875-3839
FAX 03-5875-3849

受付時間 平日10:00〜18:00



  copyright©2012-2014 稲門まさおか総合支援  all rights reserved.

English:Tohmon-Masaoka Sougoushien Office